数多くの乳酸菌の中でも、最近注目されているのが、KW乳酸菌です。
KW乳酸菌は、キリンホールディングスと昭和女子大学が共同で研究し、その結果開発された乳酸菌です。
2004年にKW乳酸菌は商品化され、体質改善のためにも効果があることで、100種類以上もの金の中からも優秀なものとして選ばれています。
KW乳酸菌は、優れた免疫力アップ作用とアレルギー抑制作用があり、花粉症やアトピーに有効であることが判明しています。
人間の身体にはもともと免疫機能が備わっていますが、この免疫機能が過剰に反応することでアレルギーが起きます。
アレルギーの原因となるアレルゲンが体内に侵入しようとすると、身体はそれを異物であると判断し、IgE抗体を作り出します。
このIgE抗体とマスト細胞が結合するとヒスタミンが生成され、鼻や皮膚などの粘膜に働きかけ、鼻水、くしゃみ、皮膚の炎症などの症状が起こります。
KW乳酸菌は、IgE濃度を薄める作用を持ち、アレルギー症状を抑えます。
また、Th1とTh2という免疫細胞のバランスが崩れ、Th2が増加すると、アレルギー症状が起こりやすくなります。
KW乳酸菌には、これらの免疫細胞のバランスを整える働きも備わっていますので、アレルギー反応が起きないように身体の内側から作用します。
近年は、アレルギーに悩まされる方も増加していますので、KW乳酸菌の効果が期待されています。
KW乳酸菌を配合したヨーグルトやサプリメントも販売されていますので、花粉症やアトピーなどで苦しんでいる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。