冷え性!辛いですよね。
冷え性を引き起こす要因は運動不足による筋肉量の低下や、乱れた食生活、不規則な生活、ストレス・・・などなど様々ですが、
血液循環が悪くなる、自律神経が乱れることにより冷え性になることがほとんど!

疾患を原因とした冷え性を除けば、ほとんどの場合、日常生活を見直すことによって改善を図ることが出来ると言われていますが、
生活習慣の改善を今日から始めたからと言って今日冷え性が緩和し、明日には治る!というものではありません。
残念ながら効果が表れるまでには、ある程度の時間がかかってしまいます。

もちろん、だからと言って放置していればいるほど冷え性は悪化してしまいますし、特効薬があるわけではないので、
なんとかしなくてはなりませんね。

では、どうしたら冷え性改善できるの?ということになりますが、食生活や生活習慣の乱れを改善し、適度な運動を取り入れつつ、
まずは、衣服などで温度調整し冷やさないようにすること、と同時に冷えを取り体を温めるために入浴することです。

ちなみに、衣服などで温度調整することは、冷やさないためには有効な方法ではありますが、体の「冷え」を取ることは出来ませんので、
冷えを取り、体を温める方法として一番手っ取り早く、冷えにとって即効性があるのは「入浴」なのです。

お風呂を沸かすのが面倒!ゆっくりお風呂に入っている時間がない!シャワーで十分汚れは取れる!・・・と
通年通して湯船にほとんど入ることがない!シャワーのみ!なんて人も(特に若い人)増えているようですが、
シャワーは、部分的に水圧をかけることでマッサージ効果は期待できますが、体を温めるという面では残念ながらほとんど効果はありません。

ですから、多少面倒でも湯船に浸かるのが体を温めるためには良いのです。
ただし、熱めのお湯だと長時間浸かっているとのぼせてしまいますし、サッと入っただけでは体の表面は「温まった」と思っても
芯から温まることは出来ませんので、温めの湯船にゆっくりと入るのが良いのです。

夏場はどうしてもシャワーが主流になりがちではありますが、冷え性というのは夏場に作られる!と言われているように
エアコン等の冷房により、自分では冷えの自覚がなくても「体が冷えている」「代謝が下がっている」ということが多いので、
冷えた体を温め、代謝をアップさせ冷えやすい体質にならないように、「今日はエアコンにあたり過ぎた」など体が冷えているかも?という日には、
なるべく湯船に入った方がいいですね。
もちろん、寒い冬には、きちんとお風呂に入り体の芯から温めるようにしましょう。

湯船に浸かり、体を温めることにより、副交感神経が活発になり血行が良くなりますし、自律神経も安定してくるので
冷えにくい体を作ることが出来ますし、冷え性にも効果的!
「体が冷えている」「自分は冷え性」という方は、まずはゆっくり入浴する習慣をつけていきましょう。